ボスの思い出

過去ログ見るとはじめて会ったのは、'02.03.07。当時は時々姿を見せるぐらいで、塀の上でミルクと対峙した時に迫力だけでミルクを後退させちゃって。
その後、しばらく来なくなり、12月に久々に来て。
'03.春からウチの向かいの倉庫(重機レンタル屋)の自販機のところでウチで飼えないからとミィにエサをあげ始めた方の所にノラ(一部飼猫)連中が集まりだし、
その中にボスも。全然、触らせてくれず、御婦人には擦り寄ったりするのにオレには全然で。ウチにはサッシや猫ドア越に覗きこみ、エサの催促とかするようになったけど。
    
市の避妊手術助成に応募したら当選したんで、最初はミィをしてやろうと思ってたけどナカナカ捕まらず、挙句は噛まれて手が腫れたりして。
仕方ないんでたまたまウチに来たボスを捕獲、去勢手術に連れて行きました。
無事手術も終わりまたノラ生活。以前よりオレに慣れてくれて撫でられたりとか、事あるごとに猫ドア越にエサの催促したりとか。
   
何故かリンがボスの入ったキャリアに覗き込み。      無事帰って来て、すぐ外へ。
    
    ボスには別宅があったようで、他のお宅の軒先でも貰ってたようです。         お気に入りの物干場に面した、Kさん宅の物置の上で。
         
’04の1/31、猫ドア越に姿が見えたんでサッシを開けたら中に入って来て。猫ドアも使えるようになり、顔を摺り寄せたり甘えてくるようになったんでウチのコに。
ワクチン注射で医者に連れて行って見立てだと推定8歳、ってことは以前ドコカの飼猫だったのかな?
ウチの猫にしてやったら先輩猫を立ててるのか、ミルク、キャラ、リンには自分からケンカを売ることはなかったけど、3匹ともいつまでも警戒してて。
リンは暖かくなるとウチに帰ってこなくなって、時々エサの催促に来るぐらいで。
ミルクとキャラは、ボスがウチに居るときはPC前とかに常駐するもんだからオレの足に乗ってこなくなって。それでもボスが居ない時は来てたけど。
エサは野良時代の名残からかよく外のを食べてたり、ミィにあげに来てる御婦人の所でもよく貰ってて。
性格も温和?になってきたのか、ドロとかチビクロと日向ぼっこしてたけど、トラ、レオとは仲がよくならず、外から鳴き声が聞こえて見に行くと、
ボスがトラに唸ってることが多くて。
ボスの声は見かけによらず甲高い、どちらかというとカワイイ声で。録画なりしておかなかった事が残念です。
       
      初めてのお泊りで、先住のリンとは距離を取るけど、ズーズーしく蒲団上で。          よく舌先をょ出したまま、寝てました。
    
ネズミのおもちゃで。                                            ひと月もすると、デカイ態度!
          
    キャラが遊んでたRCカーを横取り。       それでも先住のコ達には遠慮?              足上で、デジカメのストラップにジャレついて。
  
ミルクとキャラとは違い、 居候にもすぐ慣れて。
     
ボスとドロは結構、仲良し。一緒にゴロゴロ。                                  外に居て、突然の雹に隣のアパートから帰れなくなって。
     
  まるっきり、母子の関係?                ジャラシ遊びも好きでした。     '04.の夏に足の上で暴れられ、太ももに引っかき傷が。まだ薄らと残ってます。
      
     座椅子の上でニャンモナイト状態。            オレの足に乗ろうとしたら先客が。        寝転んだオレの上に。
  
 シッポを毛づくろい。              居候に寄り添ってオネム。             トラとは仲がよくなくて、唸ってばかり。
         
          それでもエサ時だけは、休戦。
 
2004.12/30の日中は普段どおりでKさんチの庭にも行ってるのを見かけたり。まさか、自分の死に場所を探してたんじゃないだろうけど。
夜はいつもどおり外から帰って来て蒲団の上に横になって。ところが掛布団の上に茶色のシミ。まさかと思って匂いとかをかいだけど全然しなくて単なるドロだったようで。
数日前に雪が振って、残雪とかまだ残ってたし。
他にも枕とか横になる前にオレの足の上に乗ってきたんでスボンにも足跡が。ボスを見ると足は汚れてたけどお腹とか他のところは汚れてなくて。
今思えば足しか汚れてないのに掛布団の汚れは大きかったなあ。なんだったんだろ?掛布団のカバーをはずして洗濯機に放り込み、
ボスはトイレの後、猫ドア前で番猫状態だったけどそのまま寝て。
  
12/31は出かけるんで08:00前に起きたけど、別に変わった様子はなくなにしてたんだっけ?出かける09:00前には部屋の中には居て。
日中に降った雪が路肩に残る中22:00過ぎに帰って来ると蒲団の上に居て、オレのところに来たりしてたけどいつもと違いやたら鳴いてて。エサの催促でもなかったし。
それにシーツの上にチョット吐いた後があって。急にいつもより大きい声を出したり・・・。
その時に異常な事に気づいてやればよかったのかなぁ、25時すぎに寝るときは番猫状態で。

2005.1/1、起きるとボスの姿が見えず、日中、探索がてら近所を廻って。以前、ボスの居たお宅の軒先には以前、一度だけ見かけたコが居たり。
(後にウチに来るようになり、レン、と呼称)
夕方、ミィの御婦人が来たんで今朝(いつも06:00前にエサをあげに来る。)はボスが来たかと聞いたけど来てないそうで。暗くなり物干場でボスをを呼ぶと鳴き声が。
Kさん宅の物置の中?から聞こえて。あっ、そばに居るんだな、そのうち帰ってくるだろうと思ったのが悔やまれます。
もう夜だし、正月早々、Kさんにお願いするのも気が引けたし・・・。

1/2、やはりボスは帰ってきてなくて、午前中、物干場で職場で頂いてきたパレットをばらして猫小屋を作ろうとしてるとKさんが姿を現したんでボスのことを相談。
お昼に休んでると庭を探してくれたようで、わざわざ呼びに来てくれて。よくミィとか野良のコがネグラにしてる所でボスが横たわってたそうで、
隣のアパート向うの駐車場から柵越に渡されて抱いた途端、右頬を軽く噛まれて、(翌々日、職場でチョット腫れてると言われた。) 
世話になってるウエスト動物病院に電話すると見てくれるそうで、ハーフの毛布に包んで居候に抱いてもらって単車で病院へ。
居候の話だと途中一回だけ鳴いたそうで。診察台に乗せて見てもらったけどすでに呼吸はなく、グリセリンとかを投与したりしてくれたけどそのまま・・・。
ウチに帰り蒲団の上に寝かせて。ホントに寝てるようでした。違う所といえば、舌が出てないことで・・・。
物干場に出るとミィ、チビクロ、ドロが隣のアパートに距離は取ってたけど集まってて。ボスにお別れに来てくれた気がしたんで亡骸を抱き上げて見せてあげると納得したのか解散して。
ミルクとキャラは蒲団の上に横たわってるボスを物置上や猫タワーの上からしばらく見下ろしたり。
夕方、ミィたちのエサやりに御婦人が来たんでボスが死んだことを報告。何故かミィが昨日までオレが近づくと逃げてたのにオレの足元で横になって腹を見せて。慰めてくれたのかな。
御婦人にもお別れをしてもらおうとボスの亡骸を抱いて自販機前に再度行ったけど、下半身がすでに硬くなってて。御婦人に頭を撫でてもらいまた蒲団の上に。
その夜は最後の夜だから居候とボスを挟んで寝ようと思ったけど四つ足が伸びたまま硬直しちゃってて布団に入りきらず、はみ出して寝て風邪をひいたら火葬に連れて行けないんで
仕方なく火葬用のダンボール箱に布を敷きその中へ。
翌1/3、ペット火葬してもらえる市営の葬儀場に電話して11時からの予約を取って。はじめて行くんで工程時間がわからないんで9時30分頃、単車で。
途中、気が散ってたんだろうなぁ、信号無視しちゃって。T字路の直進だったんで全然大丈夫だったけど。
後ろに乗ってたツレの話だと、いつもよりスピードが出てたそうで。そのせいか予約時間よりかなり早く付いちゃって。天気も晴天で時間まで駐車場でボスと一緒に居て。
時間になり受付を済ませて火葬場へ。他にも小型犬かな、家族4人で来てる方も居て。係りの方に預けて1時間ぐらいで焼き終わるということで待合所で待ってるようにとのこと。
火葬場の棟を出ると住み着いてるコかな、サビトラ白のコが門の所でコッチを見て何度か鳴いて、近づくと茂みの中に入ってったけど。同族の見送りに来たのかな。
待ってる間、時間が持たないんで再度、火葬棟へ。いまさらだけど、火葬場といっても煙突がないんだよなぁ。小学生の時、祖父の葬儀の時は煙突から煙が出てたと思ったけど。
さっきのコが居ないかなぁと思い、見渡したけど姿が見えず、葬儀場の敷地を出て周りを一周して待合所に。
すると1時間もたたないうちに終わったのこと。預けた所に行くと、頭と体、2つに分けてトレイに入った骨が。
係りの人に合箸って言われたのかな、意味がわからず一人で箸でつまんで骨壷に入れたら居候と一緒につまんで入れるとのこと。
最初の3つぐらいだったかな、自分達で入れて。随分、小さくなっちゃったものです。
帰りは箱根駅伝の日だったんで、ぶつかるかなぁと思ったけど、すでに過ぎた後で何事もなく帰って来て。
今まで、フィギュアとか置いてたスペースを空けとりあえず骨壷とボスがしてたリボン(医者ではずされた、)、ドライフードと水を供えて。
ミルクとキャラを保護して始まった、猫の居る生活、もともと猫とか動物は好きだったけど、ココまで猫との関係が深くなり、成り行きとはいえウチのコにしたボス、
はじめて飼猫の死に直面したけど、何なんだろうねぇ、1年もウチでは生活しなかったけど、ウチでの暮らしはどうだったかな、それなりの生涯をすごしてくれたかな。
もっとスリスリさせてあげればよかった、もつと遊んであげればよかった、もっと早く異常に気が付いてあげられればよかった、今となっては後悔する事ばかりだけど。
よかったら化けて出てきてね、ボス。とりあえず、サヨナラ。

(C) copyright 2005 TDR改弐
ミルクキャラの部屋へ戻る。