HELLO
KITTY

[ワン]
DREAM
REVUE
最終改訂版


宮本亜門の1[ワン]、何度見ても、そのたびに新しい楽しみ、発見があるようで、何度見ても楽しいものでした。
過去に芝居やらは何度か見てるけど、レビューと称するのは、初めてでした。感想は、うーん、ミミィが不憫だ・・・
じゃなくて、期待にたがわず、ドラマあり、踊りありと、なかなか見せるショーになってました。
オープニングから、飛ぶハンカチ?で度肝を抜かれ、キティ、ミミィの誕生、誕生日のキティとダニエルのデート、
ひとときの分かれ、キティの悲しみ、そして、夢に向かっていく姿勢、あっという間の30分でした。
このショーも、2002年の春に終演を迎え、その思い出をここに。


(C)copyright 2002 TDR改弐